「私鉄沿線」の歌詞 野口五郎

1975/1/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
改札口かいさつぐちきみのこと
いつもったものでした
電車でんしゃなかから りて
きみさがすのがきでした
かなしみにこころ
とざしていたら
花屋はなやはなわりました
ぼくまちでもう一度いちどだけ
あついコーヒー
みませんか
あのみせかれました
きみはどうしているのかと

伝言板でんごんばんきみのこと
ぼくいてかえります
おもたずね もしかして
きみがこのまちるようで
ぼくたちのあい
おわりでしょうか
季節きせつもいつか
わりました
ぼく部屋へや
たずねてては
いつも掃除そうじをしてたきみ
このぼくもわかりません
きみはどうして
いるのでしょう
買物かいものひとで にぎわうまち
もうじきあか
ともるでしょう
ぼく今日きょう人波ひとなみさけて
かえるだけです
ひとりだけで
このまちせないまま
きみかえりをってます