「襟裳岬」の歌詞 野口五郎

2010/8/4 リリース
作詞
岡本おさみ
作曲
吉田拓郎
文字サイズ
よみがな
hidden
きたまちではもう かなしみを暖炉だんろ
やしはじめてるらしい
理由わけのわからないことで なやんでいるうち
いぼれてしまうから
だまりとおした 歳月としつき
ひろいあつめて あたためあおう
襟裳えりもはるなにもないはるです

きみ二杯目にはいめだよね コーヒーカップに
角砂糖かくざとうをひとつだったね
てててしまった わずらわしさだけを
くるくるかきまわして
とおりすぎた なつにお
おもして なつかしいね
襟裳えりもはるなにもないはるです

日々ひびらしはいやでも やってくるけど
しずかにわらってしまおう
いじけることだけが きることだと
らしすぎたので
身構みがまえながら はなすなんて
ああ おくびょう なんだよね
襟裳えりもはるなにもないはるです

さむともだちが たずねてきたよ
遠慮えんりょはいらないから あたたまってゆきなよ