「雨に消えた恋」の歌詞 野口五郎

1972/12/15 リリース
作詞
千家和也
作曲
筒美京平
文字サイズ
よみがな
hidden
あめがひとしずく ガラスまどをはう
あさおともなく この部屋へや
ゆびをからめて一晩ひとばんごした
いとしい姿すがたえていた
きみはもう きみかえらない
いてさけぼくのこの

ひとのさざめきが 軒下のきした
えたストーヴの ぬくもりもさめ
かおをうずめて ねむったソファに
わずかににおいが のこるだけ
きみはもう きみかえらない
いてさけぼくのこの

きみはもう きみかえらない
いてさけぼくのこの

きみはもう きみかえらない
いてさけぼくのこの