「風の駅」の歌詞 野口五郎

1977/10/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくかえりをくらえきのベンチで
きみってた あかいサンダル
かみふくろにこぼれそうなミカンを
大事だいじそうにきしめて
そんなきみがいじらしかった
わかくらしには 不安ふあんだけがあって
名付なづけられるたしかなものなにもなかった
ただきみかみかお
このゆびおぼえてるだけさ
とおかぜおと 何故なぜきみこえ
ぼくんでいるようだ

ゆめつづきをれるはずもないのに
きみってた えきにおりたよ
季節きせつながれたまちらんふりして
二人ふたりあい いまどこに
ねむってるとうのでしょうか
あたらしいこいきだったうた
いまぼくこころまど けはしないよ

ただきみ幸福しあわせであれば
ぼくなんかわすれてもいいさ
とおかぜおと 何故なぜぼくむね
きみいているようだ

ただきみ幸福しあわせであれば
ぼくなんかわすれてもいいさ
とおかぜおと 何故なぜぼくむね
きみいているようだ