「Nothing Without You」の歌詞 鈴木あみ

1999/2/17 リリース
作詞
MARC
作曲
TETSUYA KOMURO
文字サイズ
よみがな
hidden
なにこらない
そんな 日常にちじょうつまらない
あきらめなんて そんな
言葉見ことばみつからないよね
どこまででも
になってた
いていけなかったよ
よろこびが 一周いっしゅうして
ゆめがなくなって
無限大むげんだいのパワー
体中からだじゅうからあふれてる
わたしなにかを
ねがいだから
やらせてせて
あげる らないすべてを
せてあげる
本当ほんとうたたかいは
これからはじまるから
子供こどもころによく
ゆめのようなさみしさや
くるしみなんて
はねのけてこう
こえこえない
ぬくもりもかんじない
それでも
あいしている あいしている?
こんな 気持きも
かかえたままで 友達ともだちにも
なれそうもないね
ずっと ていてくれる?
すべてがえるまで
おしえてほしいよちゃんと
そこにある このかんじる
あいたしかだって
だれにもけたくなくて
いつも1人ひとりだった
けれど出会であえて
自信じしんてた だれよりも
つよくなれるがした
だれよりも woo yeah
体中からだじゅうしみんでゆくよ
ここまでのやさしさ
はじめての興奮こうふん
全身ぜんしんかんじて いつまでも
きみしんじていたい

すべての力大事ちからだいじ使つかって
あらゆるあい 工夫くふうしてみて
なんにも まどわされずに
いつまでも きみ
しんじていたいよ そして
わらない 夢追ゆめおけて
いつまででも
はじめての興奮こうふん
全身ぜんしんかんじて
いつまででも
きみしんじていたい
本当ほんとうたたか
これからはじまるから
子供こどもころ よく1人ひとり
ゆめのようなさみしさ
くるしみなんて
はねのけてこうよ
woo yeah・・・