1. 囚人 -Paradox 2013-歌詞

「囚人 -Paradox 2013-」の歌詞 鈴木このみ

2014/2/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ある時代じだい ある場所ばしょ
一人ひとり囚人しゅうじん
柵越さくごしにこいをする
セツナイ セツナイ

自由じゆううばわれ
迫害はくがいける
きたなぼくきみとじゃ
サガアル サガアル

手紙てがみきました
紙飛行機かみひこうきって
二人ふたり壁越かべこえてけるように
トンデケ トンデケ

あぁ いつか自由じゆう
なれるというのも
うそだと
しってるんだ

きみがいればどんなうそだって
すべて本当ほんとうになるがした
ぼくとこっちにきてはなそうよ」
けっしてこのおもいはつたわらない

だけどきみ
てることが
明日あしたへの
ささやかなしあわ

幾日幾月いくひいくつき
あれから毎日まいにち
きみ紙飛行機かみひこうきぼく
ヨロコビ ヨロコビ

だけどもきみ
突然僕とつぜんぼくげた
とおくにくのよだから
バイバイ バイバイ

あぁ くるしみながら
今日きょうまできてきて
これほど
いた

きみがいればどんな運命うんめい
笑顔えがおえられるがしたんだ
名前なまえらないきみとであって
未来みらいかがやいたがしたんだ

ぶことも
うことも
られない
ぼくには出来できない

ついにぼくばん
きみのいなくなったいま
この未練みれんいけど
なぜだかココロがさけんでる

もうすこしだけきたい
いまはもうむずかしい気持きもちじゃ
なくてただ最後さいごきみ
「アイタイ」

きみごしたもどらずに
走馬灯そうまとうのようによみがえ
ひとひときみがくれたもの
それがぼくきるかてになっていた

やみ渦巻うずまいてる雑草ざっそう
そばに綺麗きれい一輪華いちりんか
きていく世界せかいちがったよ
だけど必死ひっしばしてた

ねがいもしこれが最後さいごなら
ぼくをあのはなしをさせて
せまくらじたその部屋へや
せつなくただそのこえひび

むねいき
くるしくなる
せめてきみ
名前なまえだけでも

りたかった…