1. 水鏡歌詞

「水鏡」の歌詞 鈴木一平

1980/8/21 リリース
作詞
鈴木一平
作曲
鈴木一平
文字サイズ
よみがな
hidden
一生一度いっしょういちどきりの
わかれならば いいものを
ひと幾度いくどとなく
かなしみをかえ
さぐりのなかでふと
かれるような
あまおも
とおりすぎてゆく
かえることなく
明日あしただけをみつめながら
いつかみち
気付きづかずにあるいた
そこはしあわせと不幸ふこう
わかみち
かなしみおぼえた
出逢であみち
わたしだけの貴方あなたには
なってくれる はずがない
こころのぬくもりも
いま
わすれてみるわ
わすれてみよう
れる二人ふたり
ゆめもよう

みずかぶ枯葉かれは
けると
丁度今ちょうどいまわたし
おなじようにみえた
かぜたれあめたれ
たどるみち
くるしみおぼえた
まよみち
はかないこい
ほろにがさをって
つよがりはよせよと
くちずさんでみます
あふれるなみだ
とめどなく ながれて
とまどう わたし
やみなか
わたしだけの貴方あなたには
なってくれる はずがない
こころのぬくもりも
いま
わすれてみるわ
わすれてみよう
れる二人ふたり
ゆめもよう