「それぞれの明日へ」の歌詞 NINKU-忍空- ED 鈴木結女

1996/2/7 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
西陽にしびゆれる 見慣みなれたこの階段かいだん
明日あすからはちが場所ばしょつづいてる
みんなだれもが ちょっぴり大人おとなかお
それぞれのドアもとめてあるすよ

まもられてる日常にちじょうたりまえになっていた
勝手気かってきままなぼくたちは これから

おおきなながれのなか何度なんどまようだろう?
それでもまえていたい
そらはあまりにひろくて 不安ふあんになるけど
ゆっくり自分じぶん景色けしきさがしていきたい

さむかぜかれてた街路樹がいろじゅ
いつのにかはるいろまっている

やがて季節きせつめぐって ぼくわっていくのだろう
そしてまたいつかこのみち あるくとき

そのときこのなかなにうつるだろう?
あのそらえるかな
どんなにときっても あのひとみのまま
ゆっくり自分じぶんぺーじをめくっていきたい

きゅうまわはじめた地図ちずこうがわ
まず最初さいしょゆめながら
おおきくいきをする

おおきなながれのなか何度なんどまようだろう?
それでもまえていたい
そらはあまりにひろくて 不安ふあんになるけど
ゆっくり自分じぶん景色けしきえがいていきたい