1. アダムな夜歌詞

「アダムな夜」の歌詞 鈴木雅之

1995/2/13 リリース
作詞
阿木燿子
作曲
宇崎竜童
文字サイズ
よみがな
hidden
右腕みぎうでれる
かぜ目覚めざめれば
ベッドを
あなたは窓辺まどべ
硝子がらすこうは
不眠症ふみんしょうまち
あなたのひとみ
まぼろしうつ
あいしてるそれだけが現実げんじつ
きている多分たぶん
おな意味いみなのさ
むかしほど
もてないと科白せりふ
うらかえせば
やさしさを えんじても
むなしいだけ
あなた一人居ひとりいれば
幸福しあわせたされる
しんじてほしい

左胸走ひだりむねはし稲妻いなづまいた
あなたとはじめて
ったときからさ
何故なぜくたびに
幼気おさなげになって
あなたは すっぽり
掌 てのひらはい
ゆめをみるそれこそが真実しんじつ
あこがれを きっとひと
きるのさ
くるおしくぎてゆく
時間じかんもまた
人生じんせいのうち
ときめきは
永遠えいえん手懸てがか
あなたというイヴが
一緒いっしょなら
このさえ 楽園らくえんになる

あいしてる
それだけが現実げんじつ
きている多分たぶん
おな意味いみなのさ
くるおしくぎてゆく
時間じかんもまた人生じんせいのうち
ときめきは
永遠えいえん手懸てがか
あなたというイヴが
一緒いっしょなら
このさえ 楽園らくえんになる