「ガラス越しに消えた夏」の歌詞 鈴木雅之

1986/2/26 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
やがてよるける
いまめたいろ
つぎのカーブれば
あの えたなつ
きみさきいそ
ぼくは ふり
ぎていた
らずにべつみち
いつからかはなれていった
サヨナラをかえ
きみ大人おとなになる
ときめきと とまどいを
そのむねに しのばせて

ツライよるかぞ
ひとみくもらせた
ガラスしのなみ
いまは あたたかい
きみが いないだけ
いまくるしくはない
二度にどとはかえれない
あの
びもどすけれど
サヨナラをえただけ
きみ大人おとなだったね
ときめきと とまどいを
そのむねに しのばせて

きみさきいそ
ぼくはふり
ぎていた
らずにべつみち
いつからか
はなれていった
サヨナラをかえ
きみ大人おとなになる
ときめきと とまどいを
そのむね
サヨナラをえただけ
きみ大人おとなだったね
ときめきと とまどいを
そのむねに しのばせて