「別れの街」の歌詞 鈴木雅之

1989/9/1 リリース
作詞
小田和正
作曲
小田和正
文字サイズ
よみがな
hidden
かわこころなんて
おもいもしないで
その言葉ことばのままを
いつもしんじてた
きみだまって
時計とけいてる
それでも ぼく
平気へいきな ふりをして
このみち りそって
いつも 二人ふたり
きみ出会であって
わかれてゆくまち
きっとわないね
もうえないね

かえくるまはひとり
まちゆうぐれ
きみくしたくない
きみいかけたい
いまからもどって
もういちどえたら
たとえこれ以上いじょう
せつなくなるとしても
きみのことしか
かんがえられない
ながれるまち
こころはちぎれて
きっとわないね
もうえないね

すべておそすぎる
かっているけど
えないだれかから
もどせるなら
きみのことしか
かんがえられない
ながれるまち
こころはちぎれて
このみち りそって
いつも 二人ふたり
きみ出会であって
わかれてゆくまち
きみのことしか
かんがえられない
きみのことしか