「君を抱いて眠りたい」の歌詞 鈴木雅之

2004/11/17 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぬぐえないなみだ
さよならのわりに
一度いちどだけ ささやいた名前なまえ

あのときめた気持きもちは
まちがいじゃない

どれだけのみち
えらべるのは ひとつ
もどれない日々ひびざして

ふたりがりにした
ゆめおもさをもう
ゆるしてあげようか
このまま

きみいて つよくいて ねむりたい
このいのちがかれるまで むくわれるまで
なにを うしなおうと きみまもるから

さみしいよるには
やわらかい笑顔えがお
このむねすくわれてきたよ

どれほどはなれていても
じれば そばに
きみかんじられる
いつでも

わすれないで ときがどこへながれても
きみのためにぼくはいる
こころだけは わらないから

きみいて つよくいて ねむりたい
このいのちがかれるまで むくわれるまで
なにを うしなおうと きみまもるから

わすれないで ふたりがつけたものに
ふたりは むすばれている
どんなときも わらないから

きみいて つよくいて ねむりたい
このいのちがかれるまで むくわれるまで
なにを うしなおうと きみまもるから
どんなときもぼくまもるから