「夢のまた夢」の歌詞 鈴木雅之

1994/10/1 リリース
作詞
小田和正
作曲
小田和正
文字サイズ
よみがな
hidden
今思いまおもえば
どうにでも できたはず
くやんでみても
どこヘももどれない
だれなにわれても
いっそうばってしまえば
今思いまおもえば)
こんなふうに
いつもただ それだけを
かんがえてるわけじゃなくて
いや多分たぶん(いつでも)
きみの (それだけを)
ことばかり
かんがえてるかもれない
せめて あのなつだけを
やりなおせたら
すべてを くしても
それでかまわない
せめていまは このおもいを
つたえられたら
でも もうおそすぎる
ゆめのまたゆめ
きてゆけば
やりきれないこともある
そんなふうに
おもってみても
二人ふたり はなれた そのから
このあやまちにづいて
いまさらなにを)いまさらなに
ねがうわけもない
間違まちがいなくもどらないこい
こうして(もどらないこいを)
ここで ひとつ ひとつ
おもいかえして みてるだけ
ただそれでも できるなら
もういちど どこかで
いつのか やがて二人ふたり
自由じゆうになって
まるで二人ふたり はじめての
あのときのように
出会であえればいいね
ゆめのまたゆめ

名前なまえべないで
かいってた
あの(あの
うたび (せつなくて)
せつなくて それでも
わずにいられなくて
せめて あのなつだけを
やりなおせたら
すべてを(すべて)
くしても (いまは)
それでかまわない
せめていまは このおもいを
つたえられたらでももう
おそすぎる (おそすぎる)
ゆめのまたゆめ
ただそれでも できるなら
もういちど どこかで
いつのか やがて二人ふたり
自由じゆうになって
まるで二人ふたり はじめての
あのときのように
(あのときのように)
出会であえればいいね
ゆめのまたゆめ