「恋人」の歌詞 鈴木雅之

1993/4/21 リリース
作詞
西尾佐栄子
作曲
松尾清憲
文字サイズ
よみがな
hidden
おもいをいまとどけたい
このさきずっと
あなただけを
いまでも ここで
みている

ちかづいたかた
うふたり
星空ほしぞらに ためされてる
時々ときどきなぜか
れる指先ゆびさき
つかまえてしまいそう
いまはただ
なにづかなくていい
ぼく気持きもなにひとつ
あなたが いまのぞむなら
いますぐつよ
きしめたい
うばってしまいたい
どうして こまらせるほど
つのるおもいは
ただぼくには
きたいくらい恋人こいびと
いているのに
微笑ほほえまないで
くちびるふるえている
ちがうあいほど
余計よけいつらいこと
だれよりも わかるから
つよがってみせる
友達ともだちのままで
みつめている ぼくにまで
おもいをいまとどけたい
この街角まちかど
きしめたい
かわらないつよさで
あなたを いま
みつめてる
このさきずっと
ただだれより
ひとみきれいな恋人こいびと

あなたが いまのぞむなら
いますぐつよ
きしめたい
うばってしまいたい
どうして こまらせるほど
つのるおもいは
ただぼくには
きたいくらい恋人こいびと
おもいをいまとどけたい
このさきずっと
きしめたい
かわらないつよさで
あなたを いま
みつめてる
いつでもそば
ただだれより
ひとみきれいな恋人こいびと