「Guilty」の歌詞 鈴木雅之

1988/7/21 リリース
作詞
竹内まりや
作曲
山下達郎
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめる
都会まちいろはいつも
孤独こどくすぎて
きみのぬくもりへといそがせる
はやるこころおさえて
回転かいてんドアを
くぐりければ ほら
ひそかにってる
吐息といきこえてそうさ
LADY,
かなわぬこいってて
GUILTY,
わずにはいられない
くるおしく いておくれ
言葉ことばもなく
つめる眼差まなざしに
ながくはない
このあい行方ゆくえさぐ
あさたずに
きみをほんとは
すこうらんでるよ
いそいでおかえ
だれにもられないうちに
LADY,
ちいさな約束やくそくだけが
GUILTY,
二人危ふたりあやうくつなぐ
このままじゃ
やりきれない

やみひび靴音くつおと
かなしいほどの
しずけさやぶ
いつまでつづくの
うつろなよるかえ
LADY,
るはずのない電話でんわ
GUILTY,
何故僕なぜぼくおびえるの?
LADY,
ほのかにのこかおりに
GUILTY,
今日きょうもまたねむれない
どこまでも てしなく
きみとおい・・・・・・
LADY,
かなわぬこいってて
GUILTY,
わずにはいられない
LADY,
ちいさな約束やくそくだけが
GUILTY,
二人危ふたりあやうくつなぐ