「THE CODE ~暗号~」の歌詞 鈴木雅之

2012/4/11 リリース
作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之
文字サイズ
よみがな
hidden
はなしをしているときに
おな景色けしきているときに
なやはげましうときに
なつかしさをおぼえるひとがいる
今日出会きょうであったばかりでも
かんじることさえあるとき
しんじられるんだぼくらが
まれわることを

ゆめねむったそのあさ
昨日きのうおな気持きもちがつづいてる
こんなふうおもいは途切とぎれずに
なにかをもとつづいていく

ぼくらのまれるずっとまえから
はじめてのように出会であって
またおうねとわる最後さいご
かえしてたのだろう
なつかしさの暗号あんごう
つなげられていく約束やくそく
そして何度目なんどめかの出会であいが
またはじまろうとしてる

まれわったかず
きっとそれぞれちがうんだ
きみなつかしさをだれかに
かんじたことくても
自分じぶんだけが孤独こどくだと
かなしまなくてもいんだ
心許こころゆるせるだれかに
これからはじめて出会であうのだろう

ゆめいて目覚めざめたあさ
ゆめかったと微笑ほほえんで
むねをなでろすやさしいあさ
いつかだれかにもやってくる

そうだれもがこのさきずっと
はじめてのように出会であって
またおうねとわる最後さいご
だれかとかえすのだろう
なにかをさがすそのたび
ささえたよろこびが
なつかしさの暗号あんごうになって
約束やくそくつなげていく

“またかえしてもいいと
おもえる人生じんせいになるように”

ぼくらはまれるずっとまえから
はじめてのように出会であって
またおうねとわる最後さいご
かえしてたのだろう
なつかしさの暗号あんごう
つなげられていく約束やくそく
そして何度目なんどめかの出会であいが
またはじまろうとしてる

なにかをさがぼくらのたび
またはじまったんだ