1. Primal Innocence歌詞

「Primal Innocence」の歌詞 鈴村健一(シン・アスカ)

2005/6/22 リリース
作詞
黒田倫弘
作曲
黒田倫弘
文字サイズ
よみがな
hidden
これ以上いじょう、なくしたくない きずなぼくらのあかしを
傷付きずつって彷徨さまよえる 永遠えいえん行方ゆくえをこのいざなおう

いくつもの時代じだい見守みまもってる
何時いつもとわらぬ 星達ほしたち
ぼくらが明日あしたまよわないように
らしつづけてくれている

だけどあるつづけてくほど
ひとやさしさに れるたび
まえのモノが すべてなんだと
おもらされ ちくらむ

かなしみをちからえてく」
それをつよさと うのならば
何処どこけば はい
るがぬこころ だれおしえてくれよ
tell me where to go

これ以上いじょう、なくしたくない きずなぼくらのあかしを
傷付きずつって彷徨さまよえる 永遠えいえん行方ゆくえをこのいざなおう

はや気持きもちを さえれずに
かえ余裕よゆうくしてゆく
そんなひとりよがりじゃ いつかは
大事だいじなモノを おとしてしまう

かえ出逢であいとわか
かさゆめつむいでいく
ぼくらはそんな 単純たんじゅん
型成できていないから ひとりじゃいられない Yeah…
we belong together

見上みあげてるこの大空おおぞらに 「ねがいよかなえ」とうだけなら
だれでも出来できる、おびえるな 高鳴たかな鼓動こどう未来みらいたくして

ぼくらはこのまれて はじめてれたぬくもりと
いながらささって きていく ただそれだけなのに…

tell me where to go
これ以上いじょう、なくしたくない あいぼくらのあかしを
傷付きずつって彷徨さまよえる 永遠えいえん行方ゆくえをこの
Don't forget primal love ゆずれない こころがされそうになっても
だれためでなく 自分じぶんためひとしんじていたいとねがってる