1. 青空色の足音歌詞

「青空色の足音」の歌詞 銀鱗P,KAITO,MEIKO

2012/6/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
はしった またはしった
だれにも気付きづいてもらうことなく
はしった たまにあるいた
そらいろあおいまま

ただがむしゃらにまえいてた
ときどきしたいたけれど
そんなあなたにつたえたい 絶対ぜったい大丈夫だいじょうぶって

月並つきなみなことしかえないけど
あなたを大好だいすきなひとはいる
自信じしんっていんだよ
あなたはいまなにをしたいの?

わらかた わすれたのかい?
すこつかれてしまったんだね
おぼえてる? はじまりの
色褪いろあせなんかしないよ

あなたがおもうより だいぶあし
坂道さかみちのぼっている
つまずいたときささえになるようなうた
あなたまで---ひびけ! とどけ!

はしした あなたの背中せなか
あのそらよりずっとちいさいけど
なによりもいとしくおも
たしかにすすんでるからあせらないで

わすれないでいて あなたのそばにいること
こえているから なみだちるおと

もう いいかい?

わすれないで ぼくたちのうた
たまにおもして はじまりのそら
ぼくらはここでいのるから しんじたそのみちすすんで

さぁ