「いつかの少年」の歌詞 長渕剛

1989/3/25 リリース
作詞
TSUYOSHI NAGABUCHI
作曲
TSUYOSHI NAGABUCHI
文字サイズ
よみがな
hidden
おれにとってKAGOSHIMAはいつもいてた
よわ不親切ふしんせつ邪険じゃけんまちだった
親父おやじとおふくろどろにまみれぜにをうらやみ
そのド真中まんなかおれふるえていた

ごうごうと不安ふあんのぼ
こごえるかぜらしをすりぬけていった
あまどいをつたしずくるのがたまらなくいやだった
したくておもいをかきむしるだけだった

おれ人生じんせいはどこからはじまり
いったいどこでわってしまうんだろう
うごかされるあのときのまま
そう"いつかの少年しょうねん"みたいに

かわききれない浴衣ゆかたがゆれていた
縁側えんがわのむこう とお記憶きおくがかすんでく
おれいま ゆれるふねうえ
たたきつける 七月しちがつあめている

すべてがいちびょうごとに意味深いみぶかすすんでる
水平線すいへいせんからどてっぱらのぼ
今日きょう昨日きのうとがはげしくちがうことをったいま
おれはKAGOSHIMAをんざくなみてた

おれ人生じんせいはどこからはじまり
いったいどこでわってしまうんだろう
うごかされるあのときのまま
そう"いつかの少年しょうねん"みたいに

おれ人生じんせいはどこからはじまり
いったいどこでわってしまうんだろう
うごかされるあのときのまま
そう"いつかの少年しょうねん"みたいに