「しゃぼん玉」の歌詞 長渕剛

1991/10/25 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
ひりひりと 傷口きずぐちにしみて ねむれなかったよ
きっつらに しょんべん ひっかけられたよる
薄情はくじょうおとこだと よる一枚いちまいひんめくりゃ
ぐずぐずしてちゃ いけねぇと れずに おもえた
つまらぬ こだわりは ちぢめるだけだった
ほんの一瞬いっしゅんでも おまえあいせて よかった
ててしまっても ぬくもりだけは のこったよ
みょうかなしくて いさぎよくて
本当ほんとう気持きもちよかったよ
淋々りんりんきながら はじけて とんだけど
もっと おれおれで ありますように
いったい おれたちは ノッペリとした 都会とかいそら
いくつの しゃぼんだまげるのだろう?

きしりきしりと よこぱらいたかった
馬鹿ばかつら ぶらげて 上等じょうとうだと ひらきなおった
人生じんせいすこしだけ うるさくなってきたけど
場所ばしょのない 覚悟かくごゆめわった
かえりたいけど かえれない もどりたいけど もどれない
そうかんがえたら おれなみだてきたよ
くじけないで なげかないで うらまないで とばそうよ
あのとき わらってつくった しゃぼんだまのように
淋々りんりんきながら はじけて とんだけど
もっと おれおれで ありますように
いったい おれたちは ノッペリとした 都会とかいそら
いくつの しゃぼんだまげるのだろう?

淋々りんりんきながら はじけて とんだけど
もっと きみきみで ありますように
いったい おれたちは ノッペリとした 都会とかいそら
いくつの しゃぼんだまげるのだろう?