「勇次」の歌詞 長渕剛

1985/7/22 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
いやになっちまった
はらっちまった
理由わけもなく
いえたんだ
公衆電話こうしゅうでんわから
勇次ゆうじ”にこえをかけ
わせた
16のよる
ガソリンスタンドの
自動販売機じどうはんばいき
かんビールを
二人空ふたりそらをながめた
工場こうじょうあとの
つづみち
タバコもみ
すべてにつばをいた
勇次ゆうじ”あのとき
そらわすれちゃいないかい
勇次ゆうじ”あのとき
エネルギッシュな
まえしい
かえりたい かえれない
青春せいしゅんばれた日々ひび
もどりたい もどれない
狭間はざまさけおれ
ここに
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
裏通うらどおりのシアター
つかてたダンサー
やつがもたれた
レンガのかべ
しみついたあせ
においは10年前ねんまえ
勇次ゆうじ”おまえ
おもさせてくれた
おれたちの
プレイグランドに
いたあのときのライン
びょうフラットで
はしるつもりでいたんだ
撃鉄げきてつがおとされ
おれたちはけぬけた
人生じんせいという
えないゴールへ
かって
勇次ゆうじ”あのとき
そらわすれちゃいないかい
勇次ゆうじ”あのとき
エネルギッシュな
まえしい
かえりたい かえれない
青春せいしゅんばれた日々ひび
もどりたい もどれない
狭間はざまさけ
おれがここに
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ
ナナナーナナナ