「午前0時の向こう側」の歌詞 長渕剛

1983/6/21 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
地下鉄ちかてつ階段かいだん一人ひとりあるいている
深夜しんや喫茶きっさつかれをしている
らぬチンピラになぐられたほお
昨日きのうきみのさよならがみょうにいた
どうしようもない やるせなさと
自分自身じぶんじしんへのおろかさだけが
カラカラわらってる
さよならなんて したくないんだ

つめたいアスファルトにひびく靴音くつおと
だれかこのぼくをひろってくれないか
何時間なんじかんもこうして秋風あきかぜにさされながら
それでもきみあいしがっている
どうしようもない さびしさと
きみ自身じしんへのおもいやりのなさが
カラカラわらってる
さよならなんて したくないんだ

暗闇くらやみなかよこたわるゆがんだほほわらい
いつぶれた酒臭さけくさおれかげ
明日あしたからのやさしさをくしたおいぼれたいぬ
くあてなくほしくずをかぞえている
どうしようもない けだるさと
すきっぱらにささったきみなみだ
カラカラわらってる
さよならなんて したくないんだ

他愛たあいないうそをつく子供こどもになりたい
きみくちびるからもれるうたになりたい
きみかみをなでるかぜになりたい
今日きょう夜明よあけはみたくない
どうしようもない はがゆさと
やがておとずれるしろあさ
カラカラわらってる
さよならなんて したくないんだ