「巡恋歌」の歌詞 長渕剛

1978/10/5 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
きです きです
こころからあいしていますよと
あま言葉ことばうらには
一人暮ひとりぐらしの
さびしさがあった
さびしさゆえに
あいばえ おたがいを
ってあいわる
わかれはなみだかざるもの
わらえば なおさら
みじめに なるでしょう
こんなにきに
させといて
勝手かってきになった」は
ないでしょう
さかうらみする
わけじゃないけど
本当ほんとうにあなたは
ひどいひとだわ
だからわたしこいは いつも
めぐめぐって ふりだしよ
いつまで たっても
こいは あなたの
むねにはささらない

タバコをうなとか
さけむなとか
わたし勝手かってじゃないの
きでもない くせに
きなりをするのは
よしてしいわ
くやしい けれど
ほれたのは
どうやらわたしほう
だったみたい
わかれの舞台ぶたい
どこで?」などと
おどけてせるのも
これで最後さいご
さよなら さよなら
こころかよわぬ
こいなど さようなら
こらえきれないなみだ
出来できることなら
わらいとなれ
だからわたしこいは いつも
めぐめぐって ふりだしよ
いつまで たっても
こい
あなたのむねには
ささらない
だからわたしこいは いつも
めぐめぐって ふりだしよ
いつまで たっても
こいは あなたの
むねにはささらない