「愛してるのに」の歌詞 長渕剛

1982/9/1 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとつだけ
いてもいいかい
きみねむるそのまえ
最後さいごよる
むかえるというのに
このままじゃ
さむすぎるんだ
きみにとってのいままでのぼく
なにがいけなかったの?
ねえつめたい言葉ことばでも
いいから
ぼくげかけておくれよ
きみのぞむものなど
なにひとつないけれど
さよならの一言ひとことだけは
わせないでくれ
出会であったころの二人ふたり
いますぐもどれるならば
きっとうまくけるさ
こんなにあいしてるのに

たのむから
その瞳閉めとじないで
ぼくつめておくれよ
ながれるなみだ
どういう意味いみなの?
最後さいごやさしさなのかい
うまい言葉ことば
つからないんだ
なんえばいいんだろう
とにかくきみ
あいしているんだ
だれよりもそうきみだけを
このままかなしいあさ
むかえたくはない
がさめて二人ふたり過去かこ
くややみたくはない
出会であったころの二人ふたり
いますぐもどれるならば
きっとうまくけるさ
こんなにあいしてるのに
出会であったころの二人ふたり
いますぐもどれるならば
きっとうまく
けるさ wow
こんなにあいしてるのに ah