1. 暗闇の中の言葉歌詞

「暗闇の中の言葉」の歌詞 長渕剛

1980/9/5 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
近頃ちかごろとっても くやしいことがあった
それは自分じぶん肩書かたがきがないこと
いままで しいなんて
一度いちどおもわなかったけれど
あのときばかりは ふるえるさえた

すがるおもいで あいつのドアをたたいた
すがるおもいで あいつのドアをたたいた
だけどもあいつは あたまからげすんだ
ひと馬鹿ばかよばわりした

なに自由じゆう不自由ふじゆうばかりだ
欲深よくふかさゆえの がんじがらめのとおせんぼ
ちほこる やつばかりが
いつもただしい なか
おれはいつまで このあめ
たれていれば いいのか

そしてやっとこので つかんだしあわせ
これですべてうまくけるとおもってたさ
だけど暗闇くらやみなかかわされた言葉ことば
あいつはおれに つばをいた

いままで いろんなひとたちが おれまえ
かぜくようにらんかおして とおりすぎた
はかないゆめを つかみかけたこともあったけど
うまいはなしせたくはなかった

なに自由じゆう不自由ふじゆうばかりだ
欲深よくふかさゆえの がんじがらめのとおせんぼ
ちほこる やつばかりが
いつもただしい なか
おれはいつまで このあめ
たれていれば いいのか

なに自由じゆう不自由ふじゆうばかりだ
欲深よくふかさゆえの がんじがらめのとおせんぼ
ちほこる やつばかりが
いつもただしい なか
おれはいつまで このあめ
たれていれば いいのか