1. 月が吠える歌詞

「月が吠える」の歌詞 長渕剛

1996/1/1 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
つき垂直すいちょくがってる
とざされた鉄格子てつごうし小窓こまどこう
ひく屋根瓦やねがわらから物悲ものがなしく
上弦じょうげんつきえている

一日いちにち四十本よんじゅっぽんのタバコのけむり
くだけきしむわたし肋骨ろっこつれるほど
うす胸板むないたおもいきりふくらまし
冷酷れいこく世間せけんかぜてた

おうおうとわたしくから
おうおうとつきえる

しかははもなく怒鳴どなちちもなく
かえいえこわしずとき
最後さいごのこるものは悲鳴ひめいじゃない
よわものたちへのまなざし

さぞかしつらかったあの人間ひとたちと
おちょこ一杯いっぱいぶんものしおつらなみだ
わたしいのち貴方あなたいのちわせば
五臓六腑ごぞうろっぷやさしさがしみる

おうおうとわたしくから
おうおうとつきえる

どうかいとしき人間ひとよ、ご無事ぶじでいてください
どうかうらまずにくまずわるびれず
雲行くもゆきを明日あしたけてわたしきます
よわものたちへのまなざし場所ばしょ

おうおうとわたしくから
おうおうとつきえる