1. 東京青春朝焼物語歌詞

「東京青春朝焼物語」の歌詞 長渕剛

1991/12/14 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
両足りょうあしてつぼうのようにいたかった
まえ二人ふたり不動産ふどうさんまわった
はりがみ何度なんど何度なんども なぞりながら
頭線がしらせんいつつめのえきりた

愛想あいそわる酒屋さかやおれかんビールをった
植木鉢うえきばちしたかぎことめた
ほどきできない ダンボールばこ背中せなかにして
おれたちは えびのようにまるくなった

今日きょうからおれ 東京とうきょうひとになる
のこのこと ちまったけど
今日きょうからおまえ 東京とうきょうひとになる
せっせせっせと 東京とうきょうひとになる

二人ふたりでおんぼろの自転車じてんしゃ
野良猫のらねこの"チロ"を おまえひろってきた
不釣合ふつりあい花柄はながらのカーテンにはこまったけど
南向みなみむきのまどが たまらなくよかった

豆腐屋とうふやのばあさんは ゴムのエプロンに長靴ながぐつ
いつも そこらじゅうみずをまいていた
「ごめんよ」が このばあさんの いつもの挨拶あいさつ
そこをとおるたびに わらってた

今日きょうからおれ 東京とうきょうひとになる
のこのこと ちまったけど
今日きょうからおまえ 東京とうきょうひとになる
せっせせっせと 東京とうきょうひとになる

カンカンととおくで 踏切ふみきりいてた
夕暮ゆうぐどきあめいやだった
つっかけをいたまんま おんなもののかさをさし
かどのバイク空気入くうきいれをりに

鉄柵てっさくこうからは そらえなかったけど
らすのになん理屈りくつも いらなかった
ただはじめて おまえ台所だいどころった背中せなか
きしめたのは ささやかなおれ覚悟かくごだった

今日きょうからおれ 東京とうきょうひとになる
のこのこと ちまったけど
今日きょうからおまえ 東京とうきょうひとになる
せっせせっせと 東京とうきょうひとになる

今日きょうからおれ 東京とうきょうひとになる
のこのこと ちまったけど
今日きょうからおまえ 東京とうきょうひとになる
せっせせっせと 東京とうきょうひとになる