1. 流れもの歌詞

「流れもの」の歌詞 長渕剛

1990/8/25 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
調子ちょうしっぱずれの都会とかい路地裏ろじうら
んだくれたかえりにしこたまいた
いんちきまがいのくさおとこ屁理屈へりくつ
へどがるほど不愉快ふゆかいよるだった

にただれきったいまどきの露骨ろこつ
おとこのやさしさ芝居しばいにゃついてゆけねえ
につまった一日いちにち下手へたくそなカラオケで
すすりくようにうたわれるのはゴメンだ

イラつく世間せけんにおさまりがつかず
舗道ほどうにつばをきケンカをふっかけた
ボロボロになってむねかれたけど
おれにゃちっともいたくもかゆくもなかった

どうせおれらはどこかのながもの
おれらのしかめっつら いまさらなおるわけがねえ
どうせおれらはどこかのながもの
まれっつきのうらぶれた小汚こぎたねえらしに乾杯かんぱい

くるしいことなど他人たにんかたるな
ドブにてちまったら一生いっしょうだんまりめろ
義理ぎり人情にんじょうもケジメもねえこのまち
今夜こんやもずけずけとはじをさらす

はたらきっぱなしの24時間じかん
ビルの谷間たにましず
夕焼ゆうやけのいろはいつかおれ
よこたわるおふくろのいろよりあかかった

明日あしたになれば明日あしたかぜ
しょうわねえならケツをまくればいい
にするほどのことじゃもともとねえさ
きっぱりふっきったらこのまちよう

どうせおいらはどこかのながもの
おいらのしかめっつら いまさらなおるわけがねえ
(どうせおいらは)どこかのながもの
まれっつきのうらぶれた小汚こぎたねえらしに乾杯かんぱい
(どうせおいらは)どこかのながもの
おいらのしかめっつら いまさらなおるわけがねえ
(どうせおいらは)どこかのながもの
まれっつきのうらぶれた小汚こぎたねえらしに乾杯かんぱい