「海」の歌詞 長渕剛

1990/8/25 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
おれ背中せなかちからてたおまえゆびがすべりおち
ゆっくりとゆっくりとシェードランプにをともす
しろはだかなしいほどにシーツにけてく
まえかおひきよせてそっとくちづけた

おれいま つきちた波打なみうぎわ
あいする覚悟かくご一歩いっぽづつふみしめてる
うそだろう?」ってあのとき けなかったのは
たがいのさびしさをわかってたからだ

よるうみおれ過去かこしずめたら
明日あしたからおまえ二人ふたりきよう

身動みうごきするとげてくようにおまえふるえた
みだれたかみおれ両手りょうてつよめた
にぎりしめたふたつのつみ ぱだかむね
23Fホテルの部屋へやくるしいよるってた

おれいま つきちた波打なみうぎわ
あいされる覚悟かくご一歩いっぽづつふみしめてる
こなごなにくだなみのしぶきが
あのときおれずるささる

よるうみおれ過去かこしずめたら
明日あしたからおまえ二人ふたりきよう

よるうみおれ過去かこしずめたら
明日あしたからおまえ二人ふたりきよう