1. 男は女が必要さ歌詞

「男は女が必要さ」の歌詞 長渕剛

1979/11/5 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
やさしい口調くちょうかたりかける
きみみなみまちからやって
さくで かざのないおんな
きだよ とってもきみ

そのころぼくはひとりでいることを
なによりもたからにしていたけれど
きみ言葉ことばをかわすたびに
孤独こどくはじめてかなしさをかんじた

よるのとばりがおりるころ
二人ふたりあるいたね 夕暮ゆうぐれの大濠公園おおほりこうえん
あれからよるがあけるまで
人生論じんせいろんかたりあかしたね

なにつよがることはないね
さびしがりぼくほうなんだから
そんな気持きもちをわかっておくれ
いつでもきみになぐさめてしかったんだ

孤独こどくぼくだけの宝物たからもの
そうさきみうまでは そうおもいこんでた
ニールのうたではないけれど
やっぱりおとこおんな必要ひつよう

ときは11がつあるれた日曜日にちようび
照和しょうわっていうこきたないフォーク喫茶きっさ
約束やくそく時間じかんより1時間じかんすぎて
ドアのこうできみった

二人ふたりかいきみながかみ
そっとふれてあまかおりにいしれる
あゝああ すばらしきこいのドラマのなか
ぼくはじめておんなのやさしさかんじた

なにつよがることはないね
さびしがりぼくほうなんだから
そんな気持きもちをわかっておくれ
いつでもきみになぐさめてしかったんだ

孤独こどくぼくだけの宝物たからもの
そうさきみうまでは そうおもいこんでた
ニールのうたではないけれど
やっぱりおとこおんな必要ひつよう

やっぱりおとこおんな必要ひつよう