「祈り」の歌詞 長渕剛

1979/7/5 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
まえってくそのまえ
なぜに電話でんわくれなかったか
やさしすぎるおまえのことだから
それがおもいやりのつもりだったのか
おれたちいつでもひとつなんだと
あれほどはなってきたよね
まえのことはすべてわかっている
つもりの自分じぶんがくやしすぎるよ
二人ふたりでいくつものよるをこえて
あたらしいあさまえだったのに
ふかじていま
天女てんにょのようにおまえ一人ひとり
そらかえ

まええらんだ人生じんせい
まえあるいてきたみち
しんじきれぬままのはがゆさのなか
ためらいながら
おれ人生みちさがすだろう
今度生こんどうまれてくるときしあわせな日々ひび
おくれるといいね
まえきだったあのうた
今夜こんやあさまでうたってあげるよ
二人ふたりでいくつものよるをこえて
あたらしいあさまえだったのに
ふかじていま
天女てんにょのようにおまえ一人ひとり
そらかえ
天女てんにょのようにおまえ一人ひとり
そらかえ