1. 素顔歌詞

「素顔」の歌詞 長渕剛

1979/11/5 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
よるかおかがみうつせば
なんてかなしいかおなの
つよがりばかりで
素直すなおになれない
なんてかなしいかおなの
こんなわたし
どこがきなの なぜに
そんなにやさしいの
わたしがかわいそうに
えるから
それとも
なつかしくおもえたから
まぐれだったら
やめて ちょうだい
本気ほんききに
なりそうだから
あなたのまえでは
きれいでいたいし
かわいいおんなでいたいの
厚化粧あつげしょうきらいでしょう
でもいまわたし
むかしわたしじゃないから
アー アー

わたしはいつも
うそをついてきたわ
まえは いつも
そううけれど
けしてそれは
裏切うらぎりじゃないんだし
そこまで自分じぶん
めることもないさ
まえ素顔すがお
きれいだったからこそ
あのとき 手鏡てかがみ
おくったんだ
まえ過去かこ
化粧けしょうでかくす
ためじゃなく
素直すなおこころ
うつせばいい
誤解ごかいしないで
いてしいんだ
おれいままでしてこと
ときのひらの
なかでおまえしめした
精一杯せいいっぱいあいだったんだ
さあ化粧けしょうをおとしたら
かみをとかして
このまま しずかにねむろう
オー オー