1. 西新宿の親父の唄歌詞

「西新宿の親父の唄」の歌詞 長渕剛

1990/8/25 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
つづけざまにくるしそうなせきばらいをしてた
西新宿にししんじゅく親父おやじ昨日きのうんだ
おれいのちもそろそろかな」ってっちゃいけねえタバコふかし
日本にっぽんいまじゃクラゲになっちまった」とわらってた

わりとさびしい葬式そうしきはるひかりがやたらをつきさしてた
かんがえてみりゃ親父おやじはいいときんだのかもしれねえ
地響じひびきがガンガンと工事こうじ現場げんばひびきわたり
やがて親父おやじみせにもあたらしいビルがつという

ぜににならねえうたうたってたおれ
親父おやじはいつもしわがれごえおれ怒鳴どなっていた
びついた包丁ほうちょうぎ とれたてのたいをさばき
出世しゅっせばらいでいいからとっととえ」ってってた

「やるならいましかねえ
やるならいましかねえ」
66の親父おやじ口癖くちぐせ
「やるならいましかねえ」

ふるいかあたらしいかなんてまぬけなものたちのぐさだった
おれおれじゃねえかで ただいのちがけだった
さけめないおれ無理矢理むりやりとっくりかたむけて
おとこならかみぐらいみじかれよ」ってまた怒鳴どなった

西新宿にししんじゅく親父おやじわかれをげて
おれかよれた路地ろじをいつもよりゆっくりあるいてる
すすけた畳屋たたみやれたガラスにうつっていた
らしにまみれたおれ一人ひとりうつっていた

「やるならいましかねえ
やるならいましかねえ」
66の親父おやじ口癖くちぐせ
「やるならいましかねえ」