「逆流」の歌詞 長渕剛

1979/11/5 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくがここを
くわけは
だれもがぼく居場所いばしょ
ってたから ah
やさしさをてき
まわしてでも
きてるあかしが
しかった
竹馬たけうまあるよう
いまは まだ ぎこちないが
ずは ここからあし
し ah
かざ言葉ことばてて
わかいくせに!」なんて
わせたくない
やつがブーツのボタンを
はずしていようと
やつ他人ひときざま
馬鹿ばかにしようとも
一歩前いっぽまえのこのみち
かなければ
だってぼくぼく
うしなため
きてきたんじゃない

ひびれたかなしみに
しばられるまえ
コップ一杯いっぱいみず
みほそう ah
ずはのどを うるおして
まえのいざこざを
けちらすんだ
たとえばだれかが
さびれたナイフで
ぼく軽蔑けいべつ
きつけても ah
こしえてけてやる
げんこつ ひとつで
わらえるさ
やつがブーツのボタンを
はずしていようと
やつ他人ひときざま
馬鹿ばかにしようとも
一歩前いっぽまえのこのみち
かなければ
だってぼくぼく
うしなため
きてきたんじゃない