「顔」の歌詞 長渕剛

1980/9/5 リリース
作詞
長渕剛
作曲
長渕剛
文字サイズ
よみがな
hidden
まわりのひとぼくことを おもしろがっている
生意気なまいきやつだとくちにしてはなわらって信用しんようしない
えらひとあたまげたら
やつだと口々くちぐちにほめられた
こころとうらはらのかおかがみにうつしたら
ずかしい自分じぶんがついた

ぼく人生じんせい そう自分じぶん人生じんせい
したたかにきて かなければ
後指うしろゆびをさすやつこころはいつもさむかろう
いまはだまってはるとう

どれだけの言葉ことばならべても
みみかたむけてくれない
いつかはぼくことそうだとうなづいて
くれるがきっとくるだろう
ひとつのやまえたら
そこからしたおろすひともいる
こうにそびえるはるかたかやまわすれて
いま自分じぶんひともいる

ぼく人生じんせい そう自分じぶん人生じんせい
したたかにきて かなければ
後指うしろゆびをさすやつこころはいつもさむかろう
いまはだまってはるとう

ぼく人生じんせい そう自分じぶん人生じんせい
したたかにきて かなければ
後指うしろゆびをさすやつこころはいつもさむかろう
いまはだまってはるとう

いまはだまってはるとう