「涙の彼方」の歌詞 長瀬実夕

2007/11/21 リリース
作詞
長瀬実夕
作曲
ヒロイズム
文字サイズ
よみがな
hidden
あとかたもなく くずちてゆく あの日輝ひかがやいた場所ばしょ
くしてはじめて 気付きづ存在そんざいは ただあまりにおおきく

まもくことも あきらめかけてた 孤独こどくけてしまう
手放てばなした途端とたん もどれはしないのに つよしがってても

いつからすれちがちがったボタン
だれかの言葉ことばさえ いたみにわり耳塞みみふさいだ

かぞれぬ よろこびとかなしみ しつぶされ やすらぐ場所ばしょ
たすけをこえさえうしなって こころつなぐこともうつかれたの

ねむりのなかでも 彷徨さまよつづけた えてくようでこわ
かさたないで あめんだ くも心流こころながして

一人ひとりあるいてた 朝焼あさやけの街並まちな
ビルからんだ ひかりにつながれて気付きづいた

わりのない 明日あしたがあるのなら ぎた日々ひび今別いまわかれをげる
かごのなかめてたすべてを ねがいかけひろそらはな

ゆび隙間すきま こぼれるすなように くだけったカケラひろいあつめ
やがてとどく そのときがくるまで むねめたゆめ きざみこんでゆく

いつのきみ笑顔えがお きしめて