1. 冬恋歌詞

「冬恋」の歌詞 関ジャニ∞

2009/12/23 リリース
作詞
田中秀典
作曲
釣俊輔
文字サイズ
よみがな
hidden
こんなにさむかったんだな
ひとりでごすふゆ
去年きょねん今頃いまごろ きみ
ちいさくあるいたかえみち

コートのポケットでかじかんだゆび
不意ふいにね きみのひらのぬくもりさがしてる

セツナサヒラヒラ そらからりる
きみがいなくなって ひとりぼっちのふゆよる
こいしい気持きもちが このこえとどかなくても
もう一度いちど いたくて いたくて
まだ サヨナラがえない

どうしてときにコトバは
素直すなおじゃいられないんだろう
時間じかんもどせたとしても
やっぱりきみ傷付きずつけてしまうのかな?

えずの"ごめんね"がむねにつっかえてる
いまさら らしくもないけれど
なみだ まらなくて

わすれたふりしたって わすれらんない きみのこと
つよがるたび ぎゅっとさみしさがむねめる
何度なんど何度なんどかえかえみち
かってる えないね えないね
もう ここにきみはいない

北風きたかぜまち いろんなおもたち
はがれち たちまちむねがす
きっと二人ふたり ちょっと大人おとなになれなかったねって 一人ひとりふけっても
はなをすすっていてるの誤魔化ごまかしてある
気付きづく・・・ "きみだけがりない"

セツナサヒラヒラ そらからりる
きみがいなくなって ひとりぼっちのふゆよる
わすれたふりしたって わすれらんない さみしさが
ゆきのようにもって こごんでしまいそうだ
いとしい気持きもちが このこえとどかなくても
もう一度いちど いたくて いたくて
まだ サヨナラがえない
きっと・・・ えない・・・