1. 朝焼けの太陽歌詞

「朝焼けの太陽」の歌詞 関ジャニ∞

2013/12/4 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ふさいでもいないのに だまってえたきみのいる景色けしき
こすれた記憶きおくでさぐった過去かこにとれやしないんだ

きしめるうでくだけてしまうんだろう
ただよごれたまち真実しんじつもとぎた二人ふたり

桜散さくらちって 僕達ぼくたちって こわすことでまもあい
あとになって やんだって さばくのは朝焼あさやけの太陽たいよう

つよがる姿すがたをまにうけては大丈夫だいじょうぶとしたんだ
うすっぺらい毛布もうふつつんでたから 風邪かぜをひいたんだな

ちかだれかによりかかったきみでも
まだ孤独こどくにふるえる背中せなかおもうよりましだろう
はいになって らくになって 気付きづいたときもういないよ
やっきになって さがしたって わらうのさ朝焼あさやけの太陽たいよう
まぁかえって かえってみるなら御粗末おそまつ内容ないよう
りもせんで 地平線ちへいせんで ずっときしめあってたいよ

桜散さくらちって 僕達ぼくたちって こわすことでまもあい
あとになって やんだって さばくのは朝焼あさやけの太陽たいよう
あいしあって あいしあって たがいにもとめあう細胞さいぼう
スミマセンね この目線めせん二度にどつめることはないの