「Winter pop」の歌詞 関ジャニ∞

2014/1/15 リリース
作詞
TAMATEBOX(UNIST)
作曲
TAMATEBOX(UNIST)
文字サイズ
よみがな
hidden
渋滞じゅうたいのLight まるでイルミネーションのよう
せわしく大通おおどお吐息といきしろいfriday night
横断歩道おうだんほどうこう いつもの交差点越こうさてんごしに
はじめてふく この高鳴たかなまないで

れくさいほどのロマンス まちかしてしまったら
つめて ふたりの未来みらい

何十年なんじゅうねんかけてでも つたえたいあいのメッセージ
どんな昨日きのうよりはるかにかがやくこれからを
何百年なんびゃくねんずっとそばで そのくしゃくしゃの笑顔見えがおみせてよ
つなぐ ぬくもり いとおしく
にぎわうまちこえる Winter pop

背伸せのびしたみせさまになるきみ笑顔えがお
失敗しっぱいしたサプライズにうるませてよろこ

苦笑にがわらいで見上みあげるそら
そそしろゆきが ふたりをちかづかせる

何十年経なんじゅうねんたったとしても わらないあいのメッセージ
出会であいの奇跡きせきにいつでも感謝かんしゃしてわらおう
何百年なんびゃくねんずっとそばで そのくしゃくしゃの笑顔見えがおみてるよ
眼差まなざいとおしく
高鳴たかなむねひびくよ Winter pop

何十年なんじゅうねんかけてでも つたえたいあいのメッセージ
どんな昨日きのうよりはるかにかがやくこれからを
何百年なんびゃくねんずっとそばで そのくしゃくしゃの笑顔見えがおみせてよ
しろまってくまちぼくらにかなでた
ふたりのWinter pop

こえる Winter pop