「夕焼けを聞かせて」の歌詞 関口由紀

2007/11/21 リリース
作詞
関口由紀
作曲
関口由紀
文字サイズ
よみがな
hidden
やさしい やさしい
やさしいひとになって
だれかをあたためてあげたい

そら
しあわせも不幸ふしあわせも
おないろまるから
今日きょうまちかど

どくにもくすりにもならないこい
さらさら興味きょうみいけど
ときになぜだかむなしくて
永遠とわやすらぐあい

きてるかぎりは
たされないのよ
さみしんぼ同士どうし
肩寄かたよって
世界せかいまわ

ああ 夕焼ゆうや小焼こやけをかせてよ
かえっておいでとうたってよ
さみしい さみしい さみしいよる
こごえぬように あたためてください

ある煙草たばこにぶつかって
前見まえみあるけと文句吐もんくはかれる
自分勝手じぶんかってまえだけを
あるいていた いつかの自分じぶんだろう

かまってしいと
ひろちいさな背中せなか
いてるよ
意気地無いくぢな同士どうし
つよがりって
よわさにづく

ああ 夕焼ゆうや小焼こやけがみる
おやじの小言こごとみる
やさしい やさしい
やさしいひとになって
だれかをあたためてあげたい

明日あしたかならるなんて
そんな保証ほしょうはどこにもないのに
たりまえだとおもってる自分じぶん
ときにくたらしい

明日あしたかならるなんて
たしかに保証ほしょうはどこにもないけど
夢見ゆめみるくらい いいんじゃない
ねがってみれば いいんじゃない

きてさえいれば
どうにかなるのよ
弱虫よわむし さみしがり
おやじ 意気地いくぢなし
みんな がんばってるさ

ああ 夕焼ゆうや小焼こやけがうたってる
また明日あしたってうたってる
さみしい さみしい さみしいひとも
明日あした笑顔えがおでいられるように

ああ 夕焼ゆうや小焼こやけをかせてよ
かえっておいでとうたってよ
さみしい さみしい さみしいよる
こごえぬようにあたためてください