1. 春歌詞

「春」の歌詞 阿部真央

2012/6/6 リリース
作詞
阿部真央
作曲
阿部真央
文字サイズ
よみがな
hidden
最期さいごはなびら れてちた
最期さいご貴方あなた微笑ほほえみだけいてった

あの時貴方ときあなたなにもかも理解わかってて
それでもわたしをできるだけつよいた

たしかめたいのは「あいはあるのか」
こまらせたいのは「あいがあるから」
ここにたいのは「あいしてるから」
かなわぬこいだとってはいた
あのアスファルトに っていた
のどかわくまで貴方あなた名前呼なまえよんだのに

かえ場所ばしょ用意よういしているままできだなんてわないで

綺麗きれいはなびら 季節きせつ途絶とだえた
それでもわたしは まだこの場所ばしょうごけないまま

たしかなものなどいとった
言葉ことばはなくとも「あい」とった
そのはいつでもどこをていた?
それでもわたしはすがりついて
あのアスファルトにっていた
二人ふたりはるはもう ったのってたのに

ほかだれかにれるその右手みぎてで この心抱こころだかないで(けがらわしい)
わたしため涙流なみだながせぬなら きだなんてわないで

綺麗きれいはなびら はなになりたかった
さすればきっと このこころもっと
うつくしくれたのに…

ねぇ
かえ場所ばしょ用意よういしているままできだなんてわないで(しんじたのに)
わたしため涙流なみだながせぬなら きだなんてわないで
はじめからわないで…