「彼女のスピード」の歌詞 陣内大蔵

1992/9/2 リリース
作詞
陣内大蔵,山中耕作
作曲
陣内大蔵
文字サイズ
よみがな
hidden
いつものようぼくすと
さきはきまってきみうのさ
こんな時間じかんにどこへくとうのか Alright
すこ涙声なみだごえにかかるけど

とりあえずくるまはしらせてから
どうしたのかとかおずに
なんでもないの たいしたことないのと ずっと
うみまできみだまったままでいた

素足すあしにはきっと なみつめたくて
それでも背中せなかたわむれる
おもわずきみからだ いて Kissする そっと
みしめていたのか唇熱くちびるあつ

すこないうちに きみはそっと大人おとなになってしまう
ぼくうでつよきみは いつもきしめてあるくから そうさ
いたいんだよ

いつでもきみは なりふりかまわず
ゆめいかけて こいまよってる
今夜こんやはありがとうと ほほえんでみせて だけど
くるまのドアにをかけかえれずに

すこないうちに きみはそっと大人おとなになってしまう
はな言葉ことばさえもきみは いつかわっていってしまう そうさ
きみほう

いつもきみからさそうくせに ぼくなにわずにずるいよ
ちがうよるかさねるたびに きみ大人おとなになってくよ
とおきみゆめるし そしてさびしくなるよるには そうさ
ぼくがいるさ