1. 心の扉歌詞

「心の扉」の歌詞 陣内大蔵

1992/9/2 リリース
作詞
陣内大蔵,山中耕作
作曲
陣内大蔵
文字サイズ
よみがな
hidden
よるえるたびに かなしみぎるたびに
いつも きみむねかれ そっとける こころとびら

ああ まどをたたく かぜおとしている
まるで だれかに せかされているようさ
ああ うわべだけに とらわれすぎていたのさ
まして 心読こころよまれるのを おそれていた

いつまで この場所ばしょさがすのか
いくつも つかんでは くすけど

よるえるたびに かなしみぎるたびに
いつも きみむねかれ そっとける こころとびら

ああ ながれて季節きせつめられやしない
そこに とどまるほどの 勇気ゆうきもなくて
ああ やさしささえ うとましくおもえた日々ひび
ひとつ ひとつかんでは えてくのさ

どこまで いかけて けるのか
それぞれ こたえては みるけれど

よるえるたびに かなしみ出会であうたびに
いつも きみむねなかで そっとける こころとびら

おとこちがおんなあいかたおれはとまとっていた
おんなちがおとこあいかたきみゆるしてくれるのか

よるえるたびに かなしみぎるたびに
いつも きみむねかれ そっとける こころとびら
よるえるたびに かなしみ出会であうたびに
いつも きみむねなかで そっとける こころとびら