「また夢で逢いましょう」の歌詞 雅-miyavi-

2007/11/14 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夢見ゆめみようなお年頃としはとっくにぎてるはずなのに、
夢人きみこいしてしまうなんてバカげてる。
バカげてる...けど、められない。わすれられない。

朝日あさひにたたきこされてゆめ途中とちゅう めてしまう。
もう一度目いちどめをつぶってみてもきみはいない。
きみのいない暗闇くらやみだけ。むなしいだけ。

「おやすみ」からはじまるきみとのデート
「おはよう」でサヨナラ またゆめいましょう

今夜こんやきみえるかな」やることなす事上ことうわそら
完璧かんぺきにどーかしちまってるね。
きみ夢中むちゅうきみ夢中むちゅう。まさにゆめ夢中むちゅう、ハハ...あー。

その笑顔えがおぼくなやませるのに、
ぼくときたら その笑顔えがおなによりきみたいで。

「おやすみ」からはじまるきみとのデート
「おはよう」でサヨナラ またゆめいましょう

きみはいつもそう、いたいとき てくれない。
ぼくゆめなのに、いつも君次第きみしだい

もし明日逢あすあえたなら、今度こんどこそきみに。

「ずっとはなさない」

もうゆめでもかまわない。