「僕は知ってる。」の歌詞 雅-miyavi-

2006/9/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
Iアイ knowノウ,Iアイ knowノウ ぼくってる。
ぼくきみ事知ことしってるけれど
きみぼく名前なまえすらもらないってこと

Iアイ knowノウ,Iアイ knowノウ ぼくってる。
きみには大切たいせつひとがいて、
そのひと一緒いっしょときにすごくしあわせそーなかおをするってこと
ぼくはその笑顔かおきってこと

Iアイ knowノウ,Iアイ knowノウ ぼくってる。
きみがそのひととデートのかえりいつもみせのコーヒーがおりだってこと
そりゃそうさ、それはぼく自慢じまんのコーヒーだからね。

ぼくはジョークをってわらわせてあげること
だまってグチをいてあげることもできないけど、
いつでもちょっぴりにがめのコーヒーでよかったらそそいであげるから。

Iアイ knowノウ,Iアイ knowノウ ぼくってる。
きみひとりでときにふいにせるその表情かおさびしげだってこと
「ちょっとにがすぎたかな?」なんて、
そんなんじゃないってことも。

本当ほんとう何一なにひとらないきみこと
どうしてこんなにもきになっちゃったんだろう?

たった一杯いっぱいのコーヒー、それがぼくにできる精一杯せいいっぱいきもち

Iアイ knowノウ,Iアイ knowノウ ぼくってる。
きみ最近来さいきんこない理由りゆうがやっぱりあじのせいじゃないってこと
最後さいごにきたあめ、ずぶれのきみほほながれていたのはあめじゃなかったから。

ぼくさむよるせてあげること
あさまでずっとってあげることもできないけど、
もし、ちょっぴりにがめのコーヒーがみたくなったら
またいつでもおいで。

どうかそのときまで、わらずお元気げんきで。