「君に願いを」の歌詞 雅-miyavi-

2006/7/5 リリース
作詞
雅-miyavi-
作曲
雅-miyavi-
文字サイズ
よみがな
hidden
色梗いろあせていたあのゆめも、ほこりまみれだった未来図みらいずも、
きみがいつもそこでててくれてたから
かなわないと弱音吐ぼやいてた日々ひびも、遠回とおまわりしてただけのみち
ぼくいまこうしてココにるんだ。

ぼくなにしてあげれたのだろう?なにしてあげれなかったのだろう?
あれからずっと自分じぶんいかけてみたけど、
何度心なんどこころとびらたたいてもむねおくひきだしけてみても
てくるのはたのしかったおもばかりで..

ただぼくはずっとあいしてた。
それだけ、ただそれだけだったけどぼくにはそれしかなかったんだ。
そしていまわらずあいしてる。

いつかほしのキレイな夜空よぞら2人並ふたりならんでおねがいしたよね
あのときのおねがいはもうわすれちゃったけれど、
この瞬間ときがずっとつづけばいいとおもったことだけはおぼえてるよ。
今思いまおもえばそれもおねがいすればかったね。

でも、神様かみさまなんていない。
きみほしになったときそうちかったんだ。
ぼくには神様かみさまなんてらない。そこにきみが、きみさえてくれれば。

きみのいないこのまち今日きょう相変あいかわらずバタバタせわしなく、
まるで何事なにごともなかったかのようれてく。
足早あしばやぎてゆく年月ねんげつと、そっとうつりゆく季節きせつなかで、
ふと夜空よぞら見上みあげるたびあのおもうよ。

そしてぼくはそっとねがうんだ。ほしになったきみねがいを。
「もう大丈夫だいじょうぶ一人ひとりてるから」と。だってぼくひとりじゃないからね。

そうさぼくきみぶんきてく。
きみぼくなかでずっときてくんだ。
だからまたあのころようにずっとそばてておくれ。

Whenウェン Iアイ wishウィッシュ uponアポン youユー, きみねがいを。