1. 陽の光さえ届かないこの場所で feat.SUGIZO歌詞

「陽の光さえ届かないこの場所で feat.SUGIZO」の歌詞 雅-miyavi-

2008/1/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ひかりさえとどかない この場所ばしょそら あげて
早送はやおくりのくもながれを をつぶらずにってみた
こわかったんだ じれば すべてがうそになりそうで
ちぎれたくもくも隙間すきまを つなぐようかぜさけんでる
ふいにばされそうになるけれど、
すこしくらいのブレはかまわない ただまえだけをつめて
っすぐに ただらぐことなくすすむのさ
そうすれば いつかは あのくもにもいつけるだろう

わらない このながみちのりのつづさき
たとえ もし絶望ぜつぼうしかかったとしても
そのこうにはゆめ希望きぼう
綺麗事きれいごとでもいいからるとしんじてたいね

みちしるべはないけど もう自分じぶんつくれるから
つむったままでも みみをすましてあるいていけるさ

そしてマジくだらない つまらない 価値観かちかん偏見へんけんなんて えてやるよ
意味いみのない 価値かちのない 無駄むだゆめなんてないってこと せてみせる
そう わらずにえていくのさ 俺達おれたち未来みらいだろう?
このつかんでくしかないのさ

どれくらい このさき あるけばいいんだろう
どのくらい いままであるいてきたんだろう
かえってもひろがる荒野こうやてしなくつづみちがあるだけ
孤独こどく旅路たびじうえいま おも

たとえ人生じんせいいたみやくるしみで出来できてたとしても
それをぬぐため きみ出会であったのならそれもわるくないさ
だからもうすこしだけでいいから
このはなさないでてくれないか