「なないろスコア」の歌詞 霜月はるか

2014/11/5 リリース
作詞
霜月はるか
作曲
霜月はるか
文字サイズ
よみがな
hidden
あふれそうなおもいを めた手紙すこあ
勇気ゆうきして きみにそっと手渡てわたした
上手うまつたわるかな 自信じしんなんてないから
いつだって期待きたい不安ふあんれてる

やがてみみひびいた きみ演奏えんそう
ちっぽけな想像そうぞうかるえて
箱庭はこにわ世界せかいつながれた旋律めろでぃ
どこまでもとおくへしてくれるよ

さきゆだねるのは すここわいけど
まだそらいろを わたしはりたい

一緒いっしょたびをしよう なないろの景色けしき
モノクロのおと色付いろづいてく
わることおそれるより たのしんだほうがずっと
しあわせだと気付きづいたんだ

たくさんのおとたちを めた譜面すこあ
ありのままのわたしを ぎゅっとんだ
箱庭はこにわ世界せかい自分じぶんだけの旋律めろでぃ
きみこえせて ばたくよ 彼方かなた

さきゆだねながら 自分じぶん信念こころ
まもれるしなやかさも ってきたい

いまむねいた なないろの欠片かけら
ひとつまたひとつ しるしてゆく
だれ手渡てわたしても わらないおもいがある
それがきっと"わたし"なんだ

つながりめぐりう なないろの音色ねいろ
これからの未来みらい ひらいてゆく
たくすこと つらぬくこと バランスをりながら
あるいてゆこう

この場所ばしょつどった なないろのきずな
あたらしい景色けしき さがしにこう
わることおそれるより たのしむことが
わたしの"音楽おんがく"だと気付きづいたんだ