「冬のタンポポ」の歌詞 霜月はるか

2007/11/30 リリース
作詞
霜月はるか
作曲
橋本鏡也
文字サイズ
よみがな
hidden
よるのうちにもったゆきみしめて
ある舗道ほどうすみ ふとつけたタンポポ

さむさにえてただじっとはる
あのころぼくすこしだけそのつよさがあったら…

ぎたぬくもりはもどせないけど
たしかにあった時間じかんぼくなかにずっと根付ねづいてる

上手うまくいかないときつらときもある
気持きもちばかりはしっていつも背伸せのびして

でも無理むりくきばしても
すぐにれてしまうね

そらおおかるゆきけるまで
あせらずにひろげて
またあたたかなはるひかりときには
まよわずそら目指めざそう

そんなふうきていきたいよ

すれちがったこころぐにこたもとめて
こぼれたきみなみだ ぼくなかみていった

うしなったぬくもりも笑顔えがおかなしみも
ぼくざす大地だいちになるよ
しっかりときしめてぼくまえすす
そしてはなかせよう
かぜにもけないつよはなを…