1. 広い世界の欠片歌詞

「広い世界の欠片」の歌詞 霜月はるか

2007/2/28 リリース
作詞
霜月はるか
作曲
霜月はるか
文字サイズ
よみがな
hidden
まどそと だれかがこえねむこすり
んだ太陽ひかり角度かくどあわきる
きなれたくつあしとおとびらけて
今日きょうもまたあたらしいなに二人探ふたりさがしにかけよう

かたにはまることだけがただしいことじゃない
自分じぶんあるみちなら えらるんだ
だけどぼく足跡あしあとはまだすくなくて
もっととおくまできたい

んだあおそらて そのさきなにがある?
想像そうぞうこころあずけ むね高鳴たかな
うつせるものは ほんの一部いちぶだとしても
背伸せのびしてりたいんだ ぼくつつむこのひろ世界せかい

したほんしるされてた秘密ひみつうた
まだだれけない とおむかし記憶きおく
旋律せんりつ言葉ことば意味いみすらもからないけど
まだぼくらない未知みち欠片かけらうれしかったんだ

とき自分じぶん無力むりょくきつけられても
いまとらわれていたら すすめなくなる
ずっとぼく足跡あしあとつづいてゆくよ
だからまえいていたい

つきしずもりこう なにっているだろう?
知識ちしきだけじゃ物足ものたりない たしかめてみよう
一人ひとりうでだけじゃ つかめない真実しんじつ
二人ふたりならつかめるかな はぐれないで
おもがさこう

ぼくらのつこの大地だいち どこまでつづいている?
星空ほしぞらしめにして あるいてゆくよ
うつせるものは ほんの一部いちぶだとしても
背伸せのびしてりたいんだ ぼくつつむこのひろ世界せかい